Blogブログ

Blog

太もも痩せ 筋トレ

太もも痩せ 筋トレ



こんにちは、京都府京田辺市で市位整骨院鍼灸院とTONEBODYの代表をしています市位です。
ついに真夏日になる日も出てきましたね〜汗
当院のある京田辺市もむっちゃ暑いんです^^;
これからの季節が恐怖です。

さて、今日は暑い季節がやってくるとご相談が増える脚の太ももを効率よく引きしめる方法についてお伝えしたいと思います。
震えるような辛いトレーニングをしなくても足の付け根(股関節)の動きと太もも裏の筋肉が働くようになれば効果が出ますので、ぜひ最後までお付き合いください^ ^



太もも裏がポイントです

今日は当院運営のスポーツジムTONEBODY店長のいくちゃんシリーズです(^^)
今回、ご紹介する太もも裏のハムストリングスを使うトレーニングをしていただくことで、ヒップアップや太ももを引きしめる効果が期待できます。
また、足の付け根(股関節)がしっかりと使えることで体の支えが強くなり姿勢も良くなります!
足も引きしまって姿勢も良くなれば嬉しいですよね^ ^

太ももが太く見えてしまう原因のひとつとして太もも裏のハムストリングスという筋肉が使えていないということがあります。
太もも裏のハムストリングスが上手に使えないとお尻を締めるように力を入れることができなくなり、足の付け根(股関節)が内側ねじれてお尻が大きく見えたり太ももが太く見えてしまいます。

当ジムでも「脚を細くしたい」「お尻を引きしめたい」というようなご相談が多くあります。
特に夏前になると少し頑張ってみようかなと思う方も多く、お家でも取り組める簡単なトレーニングを教えて欲しいというご相談が増えるため、この機会に皆さまにも簡単に取り組めて効果のあるトレーニングをお伝えしようと思いました。




意識するところで効果が変わる

太ももを引きしめるためには太もも裏のハムストリングスを使うことがポイントです!

バックランジ

1、両足を少し開いてつま先を正面に向けてたちます。
2、片足を後ろに移動させて体を下に沈めます。このとき、後ろの膝が地面につかないギリギリで止めましょう。
 注意①重心は前方の足の土踏まずあたりに乗る。後ろ足に重心がいかないように注意しましょう!
 注意②前方の足はひざがつま先より前に出てしまわないようにして、曲げる角度は90度くらいにしておきましょう。
3、前方の足の太もも裏とお尻に力が入っていることを意識して立ち上がり、後ろ足を元の位置に戻してくる。
4、逆の足を後ろに出す。交互に行う。


ひざを痛めてしまわないための注意点
体を正面からから見た時につま先と膝はまっすぐの線上で膝が内に入らないようにしましょう。
体を横から見た時に前方の膝がつま先より前に出ないようにしましょう。

これを左右交互10回×3セットを目標にがんばってみましょう(^^)



まとめ

ヒップが下がったり太ももが太く見えてしまうのには、足の付け根にある股関節の動きと太もも裏にあるハムストリングスという筋肉が関係しています。
太もも裏のハムストリングスを上手に使うことができたらヒップも上がり太ももを引きしめることができます。
今日お伝えした太もも裏にあるハムストリングスを使うトレーニングを始めてもらうことで、ヒップや太ももを効率よく引きしめることができます。
さらに、ハムストリングスが使えることで体を支えている足がしっかりと踏ん張ることができるので姿勢まで良くなります。
理想は10回3セットと書いていましたが、1日に数回でもかまいません。少しずつ取り組んで少しずつ効果を出していきましょう^ ^

========================

■ 筆者について

院長 市位 尚也(いちい なおや)
柔道整復師
プロフィールはこちら:http://ichiiseikotsuin.com/profile.html

========================
市位整骨院・鍼灸院
TONEBODY

BackBack

Recommendおすすめの記事

2022/10/03 / 腰痛治療,トレーニング,その他治療
下っ腹に効果のある 寝ながら筋トレ
View MoreView More
2022/09/26 / 整体治療,トレーニング,その他治療
運動中の怪我 テーピングがズレてしまう理由
View MoreView More
2022/09/20 / 肩こり治療,整体治療,その他治療
手のしびれ・肩こりに効くストレッチ
View MoreView More