Blogブログ

Blog

  • Home
  • Blog
  • 股関節の手術(人工骨頭置換術)をした後も2年間杖なしでは歩けなかった患者様のお話

股関節の手術(人工骨頭置換術)をした後も2年間杖なしでは歩けなかった患者様のお話

股関節の手術(人工骨頭置換術)をした後も2年間杖なしでは歩けなかった患者様のお話





こんにちは。京都府京田辺市で市位整骨院・鍼灸院の院長をしています市位です。

今日は股関節の骨の形が変わってしまう変形性股関節症でお悩みの末、股関節に人工の骨を入れる手術(人工骨頭置換術)を受けられた患者様が手術後に2年間も杖なしでは歩けなかったお話をご紹介させていただきます。
今回のお話が同じように股関節の痛みや手術後の回復でお悩みの方にご覧いただき、お困りの現状が少しでも回復に向かわれることにお役立ていただければ幸いです。



・なぜ、手術をしたのに2年間も杖なしでは歩けなかったのか

当院へご来院いただくまでに手術をした病院でのリハビリや近隣の整形外科に通院しておられましたが、思うように歩けるようにならずにお悩みだったAさん。
お話をお聞きすると、手術をした当初リハビリでは色々と運動などに取り組まれていたのですが、術後の痛みやリハビリで運動した後の痛みなどがあり、だんだんとご自身で動かすことや病院で股関節付近を触られることが怖くなってしまわれたそうです。






・術後の痛みやリハビリ後の痛みを感じる原因とは?

今回は股関節の手術後に回復できない状況のお話ですが、股関節に限らず手術をした後に関節の動きが悪くなることはよくあります。
しかし、関節の動きが硬くなるからリハビリを頑張らないと思える方は実は多くありません。
やはり、痛みや不安などがありリハビリがうまく進まないことがあります。
今回の痛みや動きにくい状態が長く続いてしまった原因もリハビリや運動が少なくなり股関節付近を支えている筋肉が硬くなってしまったことが考えられます。
しかし、股関節が硬くなってしまった原因を「動かさないから」と言われてしまったり「レントゲンではうまくいってるよ」と言われてしまうとなかなか本当の原因はわからないままですよね。
なぜ、リハビリをした後に痛いのか
なぜ、触れると痛いのかを解決することが大切ですね。




・今では杖もなしでお買い物や散歩に行けています

当院にお越しいただき、たくさんのお話をお聞きしてから
「動かした後の痛み」や「股関節付近を触られる痛み」の原因についてご説明させていただき、少しずつ動かす範囲を増やしたり股関節付近をゆるめる治療をはじめました。
初めの1ヶ月は週に1回
2、3ヶ月目は2週に1回
のペースで治療をして3ヶ月目には杖もなしでお買い物や散歩に出かけれるようになられました。
はじめにあった怖さの原因をご理解いただき、ご自宅での運動も頑張って取り組んでもらった結果だと思います。

夜も眠れないようなこむら返りや痛みを耐えておられてどうしようもなくなり、お友達のご紹介でご来院くださったAさんが回復されて、ご紹介してくださったお友達も非常に喜んでおられました。
今回のようにご本人様のお喜びがご家族やご友人も喜んでくださることが何よりよかったなぁと感じています。

もし、この記事をご覧になられている方やご友人ご家族が痛みや不調でお悩みの場合は、お近くの治療院などでしっかりとお話しを聞いてくれるところにご相談してみてくださいね^ ^


 
下記のページでも、股関節についてのご紹介をしております!
よろしければ、続けてご覧ください!

========================

■ 筆者について

院長 市位 尚也(いちい なおや)
柔道整復師
プロフィールはこちら:http://ichiiseikotsuin.com/profile.html

========================
市位整骨院・鍼灸院
TONEBODY

BackBack

Recommendおすすめの記事

2023/01/25 / 整体治療,その他治療
モートン病の方にオススメの靴の履き方
View MoreView More
2023/01/16 / 整体治療,その他治療
モートン病対策 浮指解消マッサージ
View MoreView More
2023/01/07 / 肩こり治療,整体治療,その他治療
肩こり背中の痛みで10日間夜も眠れなくてお困りだった患者様のお話
View MoreView More